「女帝」の濡れ場に挑んだ黛ジュン

公開日: 更新日:

<1983年4月>

 ゴールデンウイーク初日の4月29日、話題の映画「女帝」(にっかつ)が封切られた。同映画は2つの意味で注目を集めていた。ひとつは三越事件の当事者・竹久みちをモデルにした映画だったこと。もうひとつはヒロインを演じた黛ジュン(当時34)がロマンポルノ初挑戦だったことだ。

 黛は都内の中学を卒業後、ジャズ歌手として米軍キャンプを回っている時にスカウトされ、64年に本名の渡辺順子でデビューした。最初は鳴かず飛ばずだったが、事務所を変わり、黛ジュンの名で再デビューを果たすとブレーク。67年「恋のハレルヤ」、68年「天使の誘惑」が立て続けにヒットし、一躍スターダムにのし上がった。

 人気の秘密はパワフルな歌声ばかりではなかった。ミニスカートからのぞく美脚が世の男性たちをとりこにした。そんな彼女が一糸まとわぬ姿になるというのだ。往年のファンが大挙して映画館に押しかけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  4. 4

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  5. 5

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  6. 6

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  7. 7

    何があったのか…嵐「活動休止」櫻井翔の“予告”と複雑背景

  8. 8

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  9. 9

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  10. 10

    「こりゃめでてーな」伊藤こう大が語る“破滅的”貧乏生活

もっと見る