「女帝」の濡れ場に挑んだ黛ジュン

公開日: 更新日:

<1983年4月>

 ゴールデンウイーク初日の4月29日、話題の映画「女帝」(にっかつ)が封切られた。同映画は2つの意味で注目を集めていた。ひとつは三越事件の当事者・竹久みちをモデルにした映画だったこと。もうひとつはヒロインを演じた黛ジュン(当時34)がロマンポルノ初挑戦だったことだ。

 黛は都内の中学を卒業後、ジャズ歌手として米軍キャンプを回っている時にスカウトされ、64年に本名の渡辺順子でデビューした。最初は鳴かず飛ばずだったが、事務所を変わり、黛ジュンの名で再デビューを果たすとブレーク。67年「恋のハレルヤ」、68年「天使の誘惑」が立て続けにヒットし、一躍スターダムにのし上がった。

 人気の秘密はパワフルな歌声ばかりではなかった。ミニスカートからのぞく美脚が世の男性たちをとりこにした。そんな彼女が一糸まとわぬ姿になるというのだ。往年のファンが大挙して映画館に押しかけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  6. 6

    夜の街から芸能人が消えた…マスコミ「自粛警察化」の功罪

  7. 7

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  8. 8

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  9. 9

    フジ謝罪せず “テラハ事件”背景とトレンディー常務の責任

  10. 10

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

もっと見る