「女帝」の濡れ場に挑んだ黛ジュン

公開日: 更新日:

<1983年4月>

 ゴールデンウイーク初日の4月29日、話題の映画「女帝」(にっかつ)が封切られた。同映画は2つの意味で注目を集めていた。ひとつは三越事件の当事者・竹久みちをモデルにした映画だったこと。もうひとつはヒロインを演じた黛ジュン(当時34)がロマンポルノ初挑戦だったことだ。

 黛は都内の中学を卒業後、ジャズ歌手として米軍キャンプを回っている時にスカウトされ、64年に本名の渡辺順子でデビューした。最初は鳴かず飛ばずだったが、事務所を変わり、黛ジュンの名で再デビューを果たすとブレーク。67年「恋のハレルヤ」、68年「天使の誘惑」が立て続けにヒットし、一躍スターダムにのし上がった。

 人気の秘密はパワフルな歌声ばかりではなかった。ミニスカートからのぞく美脚が世の男性たちをとりこにした。そんな彼女が一糸まとわぬ姿になるというのだ。往年のファンが大挙して映画館に押しかけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る