• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

70歳の清川虹子が映画「楢山節考」で初ヌード披露

<1983年4月>

 戦前、古川緑波らと浅草軽演劇で活躍し、戦後も喜劇から映画、舞台と幅広く活動を続けた女優の清川虹子。70歳になった83年4月に公開された映画「楢山節考」で初ヌードを披露して世間を驚かせた。大胆な濡れ場を演じた相手は左とん平だった。

 82年に東映が発表した製作ラインアップで、ひときわ注目を集めたのが今村昌平監督の「楢山節考」だった。

 口減らしのために老人を山に捨てる貧しい農村を舞台に、人間の営みが骨太に描かれる作品だが、監督は撮影にあたり本格的な“濡れ場”を取り入れたい意向を見せていた。出演者は清川の他、緒形拳らが決定していたが、この時点では世間もマスコミも清川が濡れ場に挑戦するとは思っていなかった。

 しかし、ほどなく清川初ヌードの仰天情報がマスコミを賑わすようになる。「私、いままで水着姿にバラの入れ墨で出たことはあったけど、オッパイ丸出しのシーンは今度が初めて」と清川。おもしろおかしく書きたてるマスコミに「ポルノじゃなくて芸術なのよ」とクギを刺し、「(出演を)OKした後にセックスシーンがあると聞かされてウワーッと思ったけど、今村監督ならポルノとは違って必然性があってのこと。断ろうとは思わなかった」とコメントした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る