70歳の清川虹子が映画「楢山節考」で初ヌード披露

公開日: 更新日:

<1983年4月>

 戦前、古川緑波らと浅草軽演劇で活躍し、戦後も喜劇から映画、舞台と幅広く活動を続けた女優の清川虹子。70歳になった83年4月に公開された映画「楢山節考」で初ヌードを披露して世間を驚かせた。大胆な濡れ場を演じた相手は左とん平だった。

 82年に東映が発表した製作ラインアップで、ひときわ注目を集めたのが今村昌平監督の「楢山節考」だった。

 口減らしのために老人を山に捨てる貧しい農村を舞台に、人間の営みが骨太に描かれる作品だが、監督は撮影にあたり本格的な“濡れ場”を取り入れたい意向を見せていた。出演者は清川の他、緒形拳らが決定していたが、この時点では世間もマスコミも清川が濡れ場に挑戦するとは思っていなかった。

 しかし、ほどなく清川初ヌードの仰天情報がマスコミを賑わすようになる。「私、いままで水着姿にバラの入れ墨で出たことはあったけど、オッパイ丸出しのシーンは今度が初めて」と清川。おもしろおかしく書きたてるマスコミに「ポルノじゃなくて芸術なのよ」とクギを刺し、「(出演を)OKした後にセックスシーンがあると聞かされてウワーッと思ったけど、今村監督ならポルノとは違って必然性があってのこと。断ろうとは思わなかった」とコメントした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  4. 4

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る