隠し子騒動で世間を騒がせた千葉マリア

公開日: 更新日:

 71年に歌手としてデビュー。翌年、「恋は波まかせ」が大ヒットし、天地真理、麻丘めぐみらと並ぶ人気アイドルの座に躍り出るが、その直後に別れた夫と1歳の男児がいることが発覚したのである。これが大騒ぎとなり、芸能界の第一線からは姿を消していた。

 千葉はこの前夫との間の長男と松方との間の次男をシングルマザーとして育て上げるが、この後の道のりも平坦ではなかった。長男が薬物依存となり、24歳の時、大麻所持の現行犯で逮捕される事件が起きた。

 その後、自助グループの助けを借りながらも家族ぐるみで、長い戦いの末、長男を薬物依存から立ち直らせた。長男は今、薬物依存者と家族の自助グループで施設長を務めている。千葉も歌手活動を続けながら、05年に「十枝真沙史」という名で俳優デビューを果たした次男とともに、「サーズ千葉」という依存症から回復するためのリハビリ施設を運営し、社会活動を行っている。

◇1987年10月 12日、利根川進マサチューセッツ工科大学教授がノーベル生理学・医学賞を受賞。19日、ブラックマンデー、NYダウ30種平均が22.6%下落。31日、任期満了を迎える中曽根首相が次期自民党総裁に竹下登を指名。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ココイチのバイトテロ「バカ投稿」代償はとてつもなく高い

  2. 2

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  3. 3

    「林死刑囚は無罪」元大阪高裁判事が再審を請求したワケ

  4. 4

    元AKBが独学で開業した繁盛ラーメン店の「味の秘密」<1>

  5. 5

    朝乃山に永谷園NG!CM契約解除は序の口、今後は針のムシロ

  6. 6

    田中みな実"チェーン店NG"に大倉忠義が放った父想いの一言

  7. 7

    31歳差で3度目…山寺宏一なぜアラサーとばかり結婚する?

  8. 8

    パソナ1000%の衝撃!コロナと五輪でボロ儲けのカラクリ

  9. 9

    また五輪“特権扱い” サーフィン会場でドンチャン騒ぎ容認

  10. 10

    G7の菅首相を見て思う…せめて英会話を大臣の最低条件に

もっと見る