松下由樹 結婚秒読みと思われた小林武史と突然破局

公開日: 更新日:

■1995年9月

 83年、15歳で映画「アイコ十六歳」の富田靖子の友人役でデビュー。3年間の米ダンス留学の後にトレンディードラマで引っ張りだこの人気だった松下由樹だが、92年11月にミスチルなどをプロデュースした作曲家、小林武史との熱愛がキャッチされた。

 バリ島から、ジャカルタ経由で成田に戻る機内で、松下(当時24)は小林(当時33)のヒザに頭を乗せ、毛布にくるまり横になっていた。女性誌は「“一つ毛布”のバリ島婚前旅行」と書きたてた。さらに2人を知るスタジオミュージシャンは「あの2人は恋人同士というより結婚直前。交際だって3~4年にもなるでしょう」と証言した。

 報道を受け、小林は交際を認める発言。松下の事務所も「小林さんとは仕事でもプライベートでも、とてもいいおつきあいをさせていただいています」と公認コメントを出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  2. 2

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  5. 5

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る