日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松下由樹 結婚秒読みと思われた小林武史と突然破局

■1995年9月

 83年、15歳で映画「アイコ十六歳」の富田靖子の友人役でデビュー。3年間の米ダンス留学の後にトレンディードラマで引っ張りだこの人気だった松下由樹だが、92年11月にミスチルなどをプロデュースした作曲家、小林武史との熱愛がキャッチされた。

 バリ島から、ジャカルタ経由で成田に戻る機内で、松下(当時24)は小林(当時33)のヒザに頭を乗せ、毛布にくるまり横になっていた。女性誌は「“一つ毛布”のバリ島婚前旅行」と書きたてた。さらに2人を知るスタジオミュージシャンは「あの2人は恋人同士というより結婚直前。交際だって3~4年にもなるでしょう」と証言した。

 報道を受け、小林は交際を認める発言。松下の事務所も「小林さんとは仕事でもプライベートでも、とてもいいおつきあいをさせていただいています」と公認コメントを出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事