日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

山本陽子 アイドル沖田浩之と20歳差熱愛騒動

■1983年1月

 ドラマ「3年B組金八先生」などに出演、アイドルとして活躍した沖田浩之。世間を騒がせたのは山本陽子(当時40)との交際で、まだ20歳になったばかりだった。

 冷え込みの厳しい1月20日の夜11時過ぎ。芸能人やモデル関係者がよく訪れるという六本木のクラブの奥まったテーブルで、沖田と山本が親しそうに飲んでいる姿が目撃された。常連客によると2人はお互いに見つめ合いながら頬を近づけ、額を寄せ合うようにして話していたという。

 2人の初共演はドラマ「愛を裁けますか」(82年、TBS)で、山本が高校教師、沖田が教え子役だった。沖田のマネジャーは「(ドラマでの関係もあって)演技や人生観など、いろいろアドバイスしてもらっているようですね」とコメント。山本の所属事務所代表も「ヒマがあると麻雀をしたり飲みにいったりしているようです」と話した。週刊誌の直撃取材に沖田は「難しい仲じゃないんです。ボクは陽子さんを友達だと思っている」と爽やかに答えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事