日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

人気絶頂期に田舎暮らしを始めた高木美保

■1998年11月

 88年の昼ドラマ「華の嵐」(東海テレビ・フジ系)でブレークし、昼メロの女王と呼ばれた高木美保。バラエティーやクイズ番組でも活躍して人気だったが、98年4月、35歳で「この秋に田舎に移り住む予定」と宣言。知人の農園で畑仕事の見習いをしていることも告白した。その後、高木は「クイズ!紳助くん」(テレビ朝日系)や「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系)などレギュラー番組を降板。突然の田舎暮らし宣言を行った。

 引っ越し先は栃木・那須。高木は「東京は刺激的だけど、暮らすには落ち着きません」
「みんな働きすぎて経済的には豊かでも、心は豊かとはかぎらないでしょ。仕事の仕方を変えたほうがいいと思います」とコメントし、1カ月の間に畑仕事と物書きを各10日、テレビの仕事は5日にとどめて、残りの5日は何もしないで暮らしたいと語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事