ひっそりこの世を去った 昭和の大女優 沢村貞子

公開日: 更新日:

■1996年8月

 1908年生まれで30年にデビューし、大女優として一時代を築いた沢村貞子。戦前には治安維持法下で、所属劇団が思想弾圧を受け、自身も逮捕され、2年近く獄中生活を送るなど波乱の生涯を送ったことで知られるが、最後まで自らを貫き通した人だった。

 沢村は戦後、100本以上の映画に出演し、名脇役として活躍していたが、エッセイストとしても高く評価されていた。70歳の78年には、その半生がNHKの朝ドラ「おていちゃん」として放送され、最高視聴率が50%を記録する国民的なドラマになった。

 だが、80歳で決断をする。立ち上がる時に「どっこいしょ」とかけ声をするようでは女優は務まらないと引退表明。神奈川県横須賀市のマンションに引っ込んだ。その後は海を眺めながら、執筆活動と得意の料理に打ち込む生活を送った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  3. 3

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  4. 4

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  5. 5

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

  6. 6

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  7. 7

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  8. 8

    諸悪の根源は97年 消費税3%のままならGDPは852兆円だった

  9. 9

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  10. 10

    「報道ステーション」後藤謙次には“権力監視”の先頭を期待

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る