• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ひっそりこの世を去った 昭和の大女優 沢村貞子

■1996年8月

 1908年生まれで30年にデビューし、大女優として一時代を築いた沢村貞子。戦前には治安維持法下で、所属劇団が思想弾圧を受け、自身も逮捕され、2年近く獄中生活を送るなど波乱の生涯を送ったことで知られるが、最後まで自らを貫き通した人だった。

 沢村は戦後、100本以上の映画に出演し、名脇役として活躍していたが、エッセイストとしても高く評価されていた。70歳の78年には、その半生がNHKの朝ドラ「おていちゃん」として放送され、最高視聴率が50%を記録する国民的なドラマになった。

 だが、80歳で決断をする。立ち上がる時に「どっこいしょ」とかけ声をするようでは女優は務まらないと引退表明。神奈川県横須賀市のマンションに引っ込んだ。その後は海を眺めながら、執筆活動と得意の料理に打ち込む生活を送った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る