元レーサーの実業家・式場壮吉氏と国際結婚した欧陽菲菲

公開日:  更新日:

ー1978年4月ー

 カタコトの日本語が人気で「雨の御堂筋」「ラヴ・イズ・オーヴァー」を大ヒットさせるなど、出身国の台湾と日本の両国で活躍する欧陽菲菲が結婚したのは1978年4月、28歳の時。

 相手は10歳年上の実業家、式場壮吉氏。63年のカーレース第1回日本グランプリではC―Vクラスで優勝、翌年の第2回日本GPではポルシェ904を駆り、生沢徹のスカイラインとバトルを繰り広げるなど、日本のモータースポーツ草創期に活躍した元レーサーで、引退後はカーアクセサリー会社を経て父親が経営する病院理事を務めていた。

 知り合ったのは76年8月。式場氏の友人の奥さんが台湾出身で、菲菲の妹の友人でもあったことから六本木で食事会が行われることになった。

 この時、菲菲は式場氏がレーサーとして活躍していたことを知らず、式場氏も芸能界に詳しくなかった。しかし、なぜか気が合い、77年秋ごろから急接近し、菲菲のマンションがある青山でデートする他、式場氏が台湾のゴルフ場に来た時に菲菲の両親に紹介。菲菲も式場氏の実家を訪れるなど結婚に向けて準備を整えていった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る