旧芸名「悠木千帆」をオークションで売った樹木希林

公開日: 更新日:

 このことは放送前にスポーツ紙で報道されており、つかこうへいは電話をかけて、「もったいない。200万円でボクに売ってよ」ともちかけたという。しかし、「つかさんに買ってもらったんじゃ、セリにもシャレにもならない」と予定通り番組オークションに。局には「悠木千帆という表札を押し売りよけに」「ペットの名前に」「とんかつ喫茶に」「中古車センターに」「足のウオノメの名前に」など多くの入札電話も入った。

 そんな中で落札したのは青山でブティックを経営する37歳の女性。オークションのことはまったく知らず、渋谷に買い物に来た際、人だかりに誘われてつい「5000円」と応札。しかし、司会の前田武彦に「奥さん5000円は安い。電話の引き合いでも2万円の値が出ているんですよ」と言われて2万200円の値を付けた。もっとも、落札したものの、「使い道、どうしたらいいかしらねえ」と困惑顔。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  8. 8

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  9. 9

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

  10. 10

    日テレが大博打 原田知世&田中圭で“2クール連続ドラマ”

もっと見る