日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

旧芸名「悠木千帆」をオークションで売った樹木希林

■1977年4月

 4月1日、日本教育テレビ(NET)が全国朝日放送株式会社、通称テレビ朝日と社名を変更した。NETは当初教育専門局として設立され、50%以上の比率で教育番組を放送していたが、その後、総合局免許が交付され、一般のテレビ局になり、5億4000万円の費用をかけて、新社名実施プロジェクトを行っていた。

 社名変更に伴い、テレビ朝日誕生記念特別番組「わが家の友だち10チャンネル徹子のナマナマ10時間半」も放送され、番組内のコーナー“にんげん縁日”では坂上二郎や野坂昭如らが参加してオークションが行われた。

 社名変更に合わせたというわけではないが、そこに芸名の「悠木千帆」を出品したのが樹木希林(当時34)。当初は住んでいる家を売ろうかと思ったというが、番組では「わたしゃ(坂上)二郎さんのように歌も歌えないし、売るものが何もないので自分の名前を売っちゃう。買う人がいたら50円でも100円でも」と芸名を売り出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事