旧芸名「悠木千帆」をオークションで売った樹木希林

公開日: 更新日:

■1977年4月

 4月1日、日本教育テレビ(NET)が全国朝日放送株式会社、通称テレビ朝日と社名を変更した。NETは当初教育専門局として設立され、50%以上の比率で教育番組を放送していたが、その後、総合局免許が交付され、一般のテレビ局になり、5億4000万円の費用をかけて、新社名実施プロジェクトを行っていた。

 社名変更に伴い、テレビ朝日誕生記念特別番組「わが家の友だち10チャンネル徹子のナマナマ10時間半」も放送され、番組内のコーナー“にんげん縁日”では坂上二郎や野坂昭如らが参加してオークションが行われた。

 社名変更に合わせたというわけではないが、そこに芸名の「悠木千帆」を出品したのが樹木希林(当時34)。当初は住んでいる家を売ろうかと思ったというが、番組では「わたしゃ(坂上)二郎さんのように歌も歌えないし、売るものが何もないので自分の名前を売っちゃう。買う人がいたら50円でも100円でも」と芸名を売り出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  10. 10

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る