旧芸名「悠木千帆」をオークションで売った樹木希林

公開日: 更新日:

 芸名を買われてしまった悠木はオークション終了後にサインをせがまれた際に「私、名前がないから」と頭をかかえるハプニングも。値段については「私の父が勇気を持って芸能界を進むようにとつけてくれた芸名。もう15年も使って好きな名前だしね。2万200円か。そんなものかもしれないね」としんみり。

 新芸名だが、当初は本名の内田啓子を使うことも考えていたが、別居中の夫の内田裕也が「(内田を使うと)オレの個性がキミの芸にからんでくるようでマズイ」とクレーム。TBSの久世光彦プロデューサーは「そんなイージーな役者は死ね」とまで。久世は「母」という芸名はどうか。年をとったら濁点をつけて「ババ」にすればいいと提案したが、これは悠木が拒否。結局、4月2日の深夜に「樹や木が集まって希な林を作る、みんなが集まって何かを生み育てる」ということから樹木希林という芸名を考え、テレビでは5月スタートの「ムー」(TBS系)から使い始めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  2. 2

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  5. 5

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る