下品なセリフ目白押し!? 宝塚OGが競演「CHICAGO」

公開日:  更新日:

 ブロードウェー作品を宝塚OGが女性だけで上演すると話題の舞台「CHICAGO」(11月1日~、東京国際フォーラムなど)の制作会見が17日、丸の内の東京会館で行われた。宝塚歌劇創立100周年記念で公演されるミュージカルだ。

 メーンキャストの峰さを理(62)、麻路さき(49)、姿月あさと(44)、和央ようか(46)、湖月わたる(43)、水夏希(42)、朝海ひかる(42)、貴城けい(70)、大和悠河(37)の元宝塚トップスター9人が登壇。それにしても、姉サンたちの衣装はセクシーのひとこと。水夏希の深~いスリット、和央ようかのパンチラ…。

 物語は1920年代のシカゴ、女囚人2人組がスターダムにのし上がろうとする姿を描く。

「宝塚には絶対ない下品なセリフがいっぱい。愛人を殺した後に<おしっこ!>って叫ぶセリフもあるんです」(朝海)
「この作品では清く正しく美しくないんです。OGならではの大人の魅力を見て欲しい」(峰)

 などと、それぞれに意気込みを語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る