日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

愛娘は宝塚入り 「美のカリスマ」君島十和子の驚異の稼ぎ

 思いを子供に託し、夢よもう一度―― 。
 こう願う親は少なくないが、元モデルで女優の君島十和子(47)もそのひとり。長女の憂樹さん(16)が競争倍率26.6倍の難関を突破し、タカラジェンヌを養成する宝塚音楽学校の102期生に合格。合格発表の会場を訪れた29日、「私の夢を娘がかなえてくれました」と涙する姿が大きく報じられた。

「長女は自分の母校でお嬢さま学校として知られる日本女子大の付属小学校に入学させ、宝塚女優にするべく幼い頃からバレエ教室にも通わせていた」(芸能関係者)というから大粒の涙も無理はない。夫の誉幸氏(49=明から改名)も、「亡くなった君島一郎は孫をタカラヅカに入れるのが夢でした」とコメント。夫婦揃って熾烈な受験戦争を制した喜びを語っていた。

 それにしても、この夫婦が報道陣の前にツーショットを見せたのは久々である。十和子は19年前の1995年、ファッションデザイナーの君島一郎氏の次男・明氏(当時)との結婚を機に芸能界を引退。ところが、入籍会見と時を同じくして夫と愛人の間に当時3歳になる隠し子の存在が発覚。離婚秒読みと危惧された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事