日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

グラドル星名美津紀が「男子が話しかけてくれない…」と訴え

 最近はアラサーグラドルの人気が高く、若いグラドルには厳しいグラビア界。そんな状況下で、10代でもトップクラスの人気を誇っている星名美津紀(19)が11日、秋葉原・ソフマップアミューズメント館で、最新イメージDVD「夢みる19歳(ナインティーン)」(ラインコミュニケーションズ)の発売記念イベントを行った。

 DVDの内容は、現在大学1年の星名が将来の夢を妄想していろいろなコスプレに挑戦するというもの。DVDはあくまで妄想だが、実際の夢を聞かれると「もし芸能界に入っていなかったらキャビンアテンダントになりたかったです。その夢は今でも諦められないので、実は大学では語学を勉強しています」と話した。

 ちなみに、大学では「男子はみんな空気を読んでくれているのか誰も話しかけてくれないんですよ。おそらく恋愛には発展しないと思いますけど、さすがに声もかけられないのは寂しいですよね」とコメント。

 男子学生諸君、勇気を出して声掛けを!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事