監督手腕にも疑問符 アンジ―「不屈の男」低空飛行のワケ

公開日: 更新日:

 やっぱり――。ネットをはじめ「反日だ」といった批判の声が相次ぎ、日本でお蔵入りしそうになった米映画「不屈の男 アンブロークン」(アンジェリーナ・ジョリー監督)がようやく封切りとなったが、サッパリ盛り上がらない。国内で一番早い上映となった「シアター・イメージフォーラム」(東京・渋谷区)。公開初日(6日)こそ劇場前で列をなす観客の姿が見られたが、翌7日夕の上映回は全108の客数に対し、入りは6~7割程度。本国の公開から出遅れること1年2カ月、お世辞にもヒットとはいえない状況なのだ。

 原作は、第2次世界大戦で日本軍の捕虜となった元五輪選手ルイ・ザンペリーニの半生を描いたノンフィクション。その中に日本兵が人肉を食べるといった過激な記述があるため、映画でも描かれるのではないかと物議を醸した。そんなあらぬ噂は実際に本編や試写を見た人々によるレビューによりかき消されたが、逆に、作品の全容がダダ漏れ状態に。米アカデミー賞で3部門にノミネートされるも結局無冠に終わったことも重なり、公開前から人々の関心が薄れてしまった不運な作品といえよう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  5. 5

    検察官の定年延長は違法で違憲 法治国家否定の首相の暴論

  6. 6

    新型コロナ予防の盲点を医師解説 対策は手洗い以外も必要

  7. 7

    ソフトB城島氏を直撃 けむに巻いた古巣復帰を決めた理由

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る