監督手腕にも疑問符 アンジ―「不屈の男」低空飛行のワケ

公開日:  更新日:

 やっぱり――。ネットをはじめ「反日だ」といった批判の声が相次ぎ、日本でお蔵入りしそうになった米映画「不屈の男 アンブロークン」(アンジェリーナ・ジョリー監督)がようやく封切りとなったが、サッパリ盛り上がらない。国内で一番早い上映となった「シアター・イメージフォーラム」(東京・渋谷区)。公開初日(6日)こそ劇場前で列をなす観客の姿が見られたが、翌7日夕の上映回は全108の客数に対し、入りは6~7割程度。本国の公開から出遅れること1年2カ月、お世辞にもヒットとはいえない状況なのだ。

 原作は、第2次世界大戦で日本軍の捕虜となった元五輪選手ルイ・ザンペリーニの半生を描いたノンフィクション。その中に日本兵が人肉を食べるといった過激な記述があるため、映画でも描かれるのではないかと物議を醸した。そんなあらぬ噂は実際に本編や試写を見た人々によるレビューによりかき消されたが、逆に、作品の全容がダダ漏れ状態に。米アカデミー賞で3部門にノミネートされるも結局無冠に終わったことも重なり、公開前から人々の関心が薄れてしまった不運な作品といえよう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る