清原に覚醒剤譲った密売人の妻 核心直撃の記者にブチ切れ

公開日:  更新日:

「困るよ、キヨの逮捕で注目浴びちゃってサ」と群馬県の暴力団幹部はボヤく。清原和博容疑者(48)は少なくとも1年ほど前から、月2、3回ペースで都内から高級外車をスッ飛ばし、群馬で覚醒剤を買っていた。それも「入手ルートはひとつではなさそうです」(捜査事情通)。清原容疑者がノメり込んだ“群馬シャブ街道”を追った――。

 清原容疑者への覚醒剤譲渡で逮捕、送検されたシャブの密売人、小林和之容疑者(45=群馬県みどり市)は、3年ほど前に清原と知り合ったという。

「2人を仲介したのは清原容疑者のタニマチだった会社社長(45)ですが、昨年2月に覚醒剤所持で警視庁に逮捕され、それから2人は直取引するようになったといいます」(前出の捜査事情通)

 一部報道によると、小林容疑者は少なくとも3回、自宅で清原容疑者に覚醒剤を渡した疑いがあるという。その小林容疑者の自宅は、最寄り駅から徒歩15分の住宅街にある。木造2階建てで妻のA子さん(39)、彼女の母親と3人で暮らしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  5. 5

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  6. 6

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  7. 7

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  8. 8

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  9. 9

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  10. 10

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

もっと見る