日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

タニマチ逃げて“無一文” 清原容疑者「自己破産」の現実味

 清原和博容疑者(48)は今も覚醒剤の入手ルートに関しては固く口を閉ざしているが、“密売人”のひとりだった小林和之容疑者(45)が覚醒剤の譲渡容疑で捕まった。シャブ事件の初公判は3月下旬にも開かれる見通しだ。執行猶予はつきそうだが、裁判が終わった後に清原容疑者を待ち受けているのは“金銭地獄”だ。

■裁判終結後から“金銭地獄”か

「清原容疑者とつるんで飲み歩いていたタニマチや、“仲間”と称して清原容疑者にたかっていたチンピラは、クモの子を散らすように逃げてしまった。中には薬物疑惑をかけられるのを恐れて、海外に高飛びした連中もいます。シャバに出てきたとしても、清原容疑者が暮らしていた港区のマンスリーマンションの契約はすでに切れている。最終的に身元を引き取って面倒を見るのは大阪・岸和田市に住む両親といわれています」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事