• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

タニマチ逃げて“無一文” 清原容疑者「自己破産」の現実味

 清原和博容疑者(48)は今も覚醒剤の入手ルートに関しては固く口を閉ざしているが、“密売人”のひとりだった小林和之容疑者(45)が覚醒剤の譲渡容疑で捕まった。シャブ事件の初公判は3月下旬にも開かれる見通しだ。執行猶予はつきそうだが、裁判が終わった後に清原容疑者を待ち受けているのは“金銭地獄”だ。

■裁判終結後から“金銭地獄”か

「清原容疑者とつるんで飲み歩いていたタニマチや、“仲間”と称して清原容疑者にたかっていたチンピラは、クモの子を散らすように逃げてしまった。中には薬物疑惑をかけられるのを恐れて、海外に高飛びした連中もいます。シャバに出てきたとしても、清原容疑者が暮らしていた港区のマンスリーマンションの契約はすでに切れている。最終的に身元を引き取って面倒を見るのは大阪・岸和田市に住む両親といわれています」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る