清原容疑者と同じ間取り? 某物件の“大幅値下げ”が話題に

公開日:  更新日:

 東京都内のある高級マンションに関する賃貸情報がネット上で話題になっている。

 当該物件の所在地は、港区の一等地。入居者を募集しているウェブサイトでは、部屋の広さや間取り図のほか、24時間のフロントサービス、スポーツジム併設などが紹介されている。

 好立地の豪華物件だけあって月額賃料は約60万円とベラボーだが、なぜかいま「キャンペーン物件」として、半額近い月30万円余りで入居者を募集しているのだ。

 常識では考えられない値下げ率に驚きの声が相次いでいるが、もうひとつ、注目を集めているワケがある。このキャンペーン物件の間取りが、清原和博容疑者(48)の逮捕現場となったマンションの部屋にそっくり、というのだ。

 ネット掲示板では、ニュースで紹介された清原容疑者の部屋の間取り図との比較検証作業まで行われ、憶測が憶測を呼んでいる。

 冒頭のサイトによると、部屋に入居できるのは3月以降。“諸条件有り”という注意書きも。お得な物件には違いない?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る