人前で平手殴打も…清原容疑者“息子溺愛ブログ”の嘘くささ

公開日:  更新日:

 今月2日に覚醒剤取締法違反で逮捕される前日まで、清原和博容疑者(48)は頻繁に自身のブログを更新していた。今年1月には1カ月で96件もの記事をアップ。

【昨日は久しぶりに息子と3人でご飯を食べた その後、ひとしきり泣いた 息子が使ってたグラブを見て きょうも1日生きよう】などと2人の息子への思いを綴ることが多かった。

「親権は14年9月に離婚した前妻が持ち、清原が愛息と食事ができる機会は月2回に制限。溺愛していただけに、喪失感が大きかったと思う。しかも、14年3月の薬物疑惑報道の直後、清原が外出しているときに、前妻が子供を連れて家を出た。清原が自宅マンションに戻ったときには、もぬけの殻、という状態。夜逃げみたいなものです。事件に巻き込まれたと思った清原は、子供が通う私立学校へ興奮しながら捜しに行ったほど。離れ離れになった経緯が経緯だけに、余計に気持ちの整理がつかなかったのだと思う」(関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る