芸能界にも居場所なし…清原容疑者「プロレス転向」急浮上

公開日: 更新日:

「声がかかるとしたら、あの業界しかないでしょうね。人脈的に考えてもそう。実際、そんな話がチラホラと聞こえ始めていますよ」

 テレビ局関係者がこう言った。

 清原和博容疑者(48)が覚醒剤取締法違反でお縄になってから2週間、日刊ゲンダイ本紙が逮捕当日から報じている常習疑惑を裏付ける情報が次から次に出てきている。フジテレビは「5グラムの覚醒剤を1カ月で使い切っていた疑いがあることがわかった」と報道。5グラムは通常の150回分の使用量にあたり、これをひとりで摂取したとすれば、「シャブ中」の前に「重度の」との形容詞が必要な状態である。

 いよいよシャバに出てきたあとが心配になるのだが、球界復帰も芸能活動再開も絶望的。そこで浮上してくるのが、プロレスデビューである。

 冒頭のテレビ局関係者がこう続けるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

  10. 10

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

もっと見る