芸能界にも居場所なし…清原容疑者「プロレス転向」急浮上

公開日:  更新日:

「声がかかるとしたら、あの業界しかないでしょうね。人脈的に考えてもそう。実際、そんな話がチラホラと聞こえ始めていますよ」

 テレビ局関係者がこう言った。

 清原和博容疑者(48)が覚醒剤取締法違反でお縄になってから2週間、日刊ゲンダイ本紙が逮捕当日から報じている常習疑惑を裏付ける情報が次から次に出てきている。フジテレビは「5グラムの覚醒剤を1カ月で使い切っていた疑いがあることがわかった」と報道。5グラムは通常の150回分の使用量にあたり、これをひとりで摂取したとすれば、「シャブ中」の前に「重度の」との形容詞が必要な状態である。

 いよいよシャバに出てきたあとが心配になるのだが、球界復帰も芸能活動再開も絶望的。そこで浮上してくるのが、プロレスデビューである。

 冒頭のテレビ局関係者がこう続けるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る