33歳でグラドル気分 深田恭子が“自分磨き”に躍起のワケ

公開日: 更新日:

「グラビアタレントに転身したのか」との声が上がっているのが、女優の深田恭子(33)。このところ、「週刊ヤングジャンプ」の表紙を単独では14年ぶりに飾ったり、写真集を2冊同時に発売したり、公式インスタグラムを開始して、ハワイでのセクシーなオフショットを公開したりしている。写真集「This Is Me」と「AKUA」はオリコンの週間売り上げ本ランキングの写真集部門で1位、2位に輝いたと報じられた。

 深田といえば、1996年のホリプロスカウトキャラバンでグランプリに輝き、ドラマ「神様、もう少しだけ」や映画「下妻物語」などのヒット作で女優として知られてきた。2012年の大河ドラマ「平清盛」ではヒロインも演じていたが、いつの間に路線を変更していたのか。週刊誌の芸能担当ライターがこう答える。

「今年も1月スタートの連ドラ『ダメな私に恋してください』で主演したり、女優業を辞めたわけではないと思います。ただ、グラビアに熱を入れているのは事実。デビュー以来、太ったり痩せたりしてきた彼女ですが、ダイエットやエクササイズに心血を注いでいる印象です。焼き肉が大好物で、深夜に仕事仲間と繰り出してはビールを飲み、豚骨ラーメンでシメるようなタイプ。恋も肉食系で、ぽっちゃりしていましたけれど、変われば変わるものです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    名簿破棄の大嘘 安倍首相「シンクライアント」でまた墓穴

  4. 4

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  5. 5

    すわ解散か…二階幹事長の“広報指令”に会期末の永田町激震

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    大往生で称賛記事があふれた中曽根康弘元首相の“犯罪”

  8. 8

    萩生田大臣の発言 あんた総理ファーストじゃなかったっけ

  9. 9

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  10. 10

    巨人との契約残し…山口俊メジャー挑戦の裏に5億円大豪邸

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る