初の目隠し&手錠に興奮 和地つかさ「嫌じゃないけど…」

公開日:  更新日:

 身長148センチ、ロリ顔、Gカップという最強スペックを誇るのは和地つかさクン(23)。その和地が、6枚目となるイメージDVD「もしも彼女が妹だったら」(エアーコントロール)の発売を記念したイベントを21日、ソフマップアミューズメント館で開催した。

 3月に沖縄で撮影された今作は、実の兄に本気で恋をしてしまう禁断のストーリー。

「お兄ちゃんに本気で告白するシーンがありまして。“お兄ちゃんのこと、ひとりの男性として好きだよ”と真剣に告白しましたが、これかなり恥ずかしかったです」と振り返った。

 さらに「ピンクのカワイイ衣装を着て、お兄ちゃんとガチで運動をしているんですよ。私は運動神経が鈍いので大変でしたけど、胸に歩数計をつけて胸を揺らしたりしていますので、そのシーンは注目です」。

 これまでやったことのない過激なシーンも経験したそうで、「初めて目隠しをされて手錠をつけられたんですよ。そこでくすぐられたりして、どうしていいか分からなくなってしまいました。嫌ではなかったですけど、ちょっと恥ずかしかったです」と明かした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る