• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

テレビ復帰の可能性は? 坂口杏里に“第2の飯島愛”の道

 AV女優に転身した坂口杏里(25)の“暴走”が止まらない。所属していた事務所の先輩で、タレントの重盛さと美(28)がテレビで「同じ事務所で唯一連絡を取り合う後輩でした」と発言したことについて、ツイッター上で「連絡取ってたって 取ってなかったんだけど」「さすが腹黒いや」などと猛批判を繰り広げているのだ。

 この腹黒発言には、重盛と共にアイドルユニット「LLS」に所属するROSEも“参戦”し、重盛をフォロー。重盛自身もブログで“反論”コメントを出したが、現在は削除されている。

 かつての仲間をも敵に回す坂口に対し、メンタル面を心配する声も上がっているが、今後はどうなるのか。芸能評論家の肥留間正明氏はこういう。

「AV女優の多くは、年齢や職業などもデタラメで、短期的には大金を稼いでも私生活は荒れて結果的に風俗に流れるケースも多い。その点、彼女は女優・坂口良子の娘で、由緒正しい“血統書”付き。そういう子がAVでカネを稼ぐのは、かなり珍しいケースです。しかも、悲愴感は感じられず、あっけらかんとしていて明るい。脱いでもイメージはおバカキャラの時のままで“堕ちた”という印象は受けません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る