テレビ復帰の可能性は? 坂口杏里に“第2の飯島愛”の道

公開日:  更新日:

 AV女優に転身した坂口杏里(25)の“暴走”が止まらない。所属していた事務所の先輩で、タレントの重盛さと美(28)がテレビで「同じ事務所で唯一連絡を取り合う後輩でした」と発言したことについて、ツイッター上で「連絡取ってたって 取ってなかったんだけど」「さすが腹黒いや」などと猛批判を繰り広げているのだ。

 この腹黒発言には、重盛と共にアイドルユニット「LLS」に所属するROSEも“参戦”し、重盛をフォロー。重盛自身もブログで“反論”コメントを出したが、現在は削除されている。

 かつての仲間をも敵に回す坂口に対し、メンタル面を心配する声も上がっているが、今後はどうなるのか。芸能評論家の肥留間正明氏はこういう。

「AV女優の多くは、年齢や職業などもデタラメで、短期的には大金を稼いでも私生活は荒れて結果的に風俗に流れるケースも多い。その点、彼女は女優・坂口良子の娘で、由緒正しい“血統書”付き。そういう子がAVでカネを稼ぐのは、かなり珍しいケースです。しかも、悲愴感は感じられず、あっけらかんとしていて明るい。脱いでもイメージはおバカキャラの時のままで“堕ちた”という印象は受けません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る