テレビ復帰の可能性は? 坂口杏里に“第2の飯島愛”の道

公開日:  更新日:

 AV女優に転身した坂口杏里(25)の“暴走”が止まらない。所属していた事務所の先輩で、タレントの重盛さと美(28)がテレビで「同じ事務所で唯一連絡を取り合う後輩でした」と発言したことについて、ツイッター上で「連絡取ってたって 取ってなかったんだけど」「さすが腹黒いや」などと猛批判を繰り広げているのだ。

 この腹黒発言には、重盛と共にアイドルユニット「LLS」に所属するROSEも“参戦”し、重盛をフォロー。重盛自身もブログで“反論”コメントを出したが、現在は削除されている。

 かつての仲間をも敵に回す坂口に対し、メンタル面を心配する声も上がっているが、今後はどうなるのか。芸能評論家の肥留間正明氏はこういう。

「AV女優の多くは、年齢や職業などもデタラメで、短期的には大金を稼いでも私生活は荒れて結果的に風俗に流れるケースも多い。その点、彼女は女優・坂口良子の娘で、由緒正しい“血統書”付き。そういう子がAVでカネを稼ぐのは、かなり珍しいケースです。しかも、悲愴感は感じられず、あっけらかんとしていて明るい。脱いでもイメージはおバカキャラの時のままで“堕ちた”という印象は受けません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る