芸能界復帰どころか居場所なし…坂口杏里“痛すぎる現在地”

公開日: 更新日:

「痛すぎて見ていられないです」

 昨年9月に芸能界引退を表明した元タレントの坂口杏里(27)が5日、自身のSNSに「芸能界に戻りたい」などと書き込んだことで、ネット上には冷ややかなコメントが殺到している。

 坂口は「自分の中でキラキラしていた頃の自分に戻りたい」「本当に本気で、フリーじゃなく、芸能界に戻りたい」などと熱い思いをつづっているが、大多数のネット民は「特に需要もなさそうだし、戻らなくていい」「どう考えても無理」などと、けんもほろろ。

 それも致し方ない。

 坂口の“歯車”が狂い始めたのは、2013年3月に母親で女優の坂口良子さんが亡くなってから。16年10月には「ANRI」名義でAV女優デビュー。翌11月に初ヘアヌード写真集を出版し、それなりに話題になったが、タレント業は開店休業状態だった。そのうえ17年4月、知人のホストに対する現金3万円恐喝未遂容疑で逮捕(のちに不起訴)されるなど、すさみ切った暮らしぶりが明るみに……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 9

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  10. 10

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

もっと見る