デビュー2日前に ANRIこと坂口杏里ストリップ降板の全真相

公開日: 更新日:

 期待を裏切らないというか、なんというか……。元タレントのANRIこと坂口杏里(27)が、今度はストリップデビューの降板劇で話題を振りまいている。ストリップの殿堂「浅草ロック座」(東京都台東区)にて、16日から開催される公演に出演する予定だったが、初日2日前に急きょ、ロック座の公式ツイッターが〈諸事情により出演を見送ることになりました〉と発表したのだ。ところが、翌15日、今度はANRIが自身のインスタグラムで大反論。〈ドタキャンされたのはこっち。時間、労力全部返してほしい〉と噛み付いたのである。

 ANRIの言い分を要約するとこうだ。自分はストリップも踊りも初心者であり、練習風景を撮影した動画で自主練を指示するのはあまりにも無謀。しかもスタジオも用意してくれないとは放任主義も甚だしいというもの。くしくも先日、ロック座の現役ストリップ嬢を追いかけたドキュメンタリー番組が放送されていた。カメラが追いかけたのは、13時から22時半過ぎまで年中無休で公演を行う合間を縫って、深夜・早朝帯に練習の順番を待ったり、自腹でスタジオを借りたり、糖質ダイエットに取り組む踊り子たちの姿。ステージに立つプロ意識の高さは凄まじく、夢の舞台に穴をあけるなんてあり得ないといった感じだっただけに今回の降板劇の裏には一体、何があったのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る