本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

六本木の「絨毯バー」にはスパイダースのメンバーもいた

公開日: 更新日:

「お客から預かった油紙に包まれたモノ。組み立てていったら……」

 拳銃だった。

 新宿・歌舞伎町の人気ディスコ「サンダーバード」支配人として東洋一の殷賑(いんしん)地帯で野田義治が働いていると、さまざまな出来事に遭遇した。

 的確に処理していかないと、命すら危なかった。

「お店預かってるから、地元の稼業の人たちと仲良くなっていないといけない。法律が変わった今では考えられないけど、そういう時代でした」

 日本有数の組織から誘われたこともあった。

「同い年のヤクザから、“おまえ、うちでやらねえか?”って。そんなの危なくてしょうがない。稼業に就くために上京したわけじゃないし。丁寧に断りました。ヤクザになる理由っていうのがオレも気になったから、本職に“なんで(ヤクザに)なったの?”って聞いたことあるけど、たまたまですよ。たまたまヤクザになっちゃったんじゃないかな。巡り合わせですよ。やつらは学もカネもない。ケンカしかないわけですよ。確かに強かったけど頭悪い。ヤクザの世界でのし上がるにはやっぱり頭良くないと。ヤクザの共通項? ないなあ。一般人と大差ない。そんなに違わない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  6. 6

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  7. 7

    本命は高津、対抗が池山…ヤクルト次期監督“大穴”候補とは

  8. 8

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  9. 9

    ZOZOは4000億円で…メルカリやAmebaTVはいくらで買える?

  10. 10

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る