沢尻エリカも?MDMA売人が「寂しがり屋」ばかり狙う手口

公開日: 更新日:

 “大河女優”の沢尻エリカ容疑者(33)の逮捕で、にわかに注目を集めている合成麻薬MDMA。

「実は最近、再び蔓延し始めています」と、警察関係者がこう続ける。

「2009年に元俳優と一緒にMDMAを使用した愛人女性が死亡する事件があってから、『やばい』と敬遠されるようになったんですが……」

 実際、厚労省の「現在の薬物乱用の状況」によると、「MDMA等錠剤型合成麻薬」の検挙者数は08年に311人だったのが、09年の事件を境に激減し、17年には41人にまで減っている。

「あれから10年が過ぎ、事件の記憶も薄れてきています。さらに事件から値崩れし、今は当時と比較して半値の1錠3000~4000円ぐらいまで下がった。手に入れやすくなっています。そのうえ、MDMAは錠剤やカプセルが多く、覚醒剤に比べて心理的なハードルが低いこともある。どうしても捜査の中心は覚醒剤と大麻になりがちで、売人側もMDMAのほうがマークが緩いと高をくくっているフシがありますね」(前出の警察関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  5. 5

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  6. 6

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  7. 7

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  8. 8

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  9. 9

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  10. 10

    白鵬「年1横綱」化は待ったなし それでも引退できないワケ

もっと見る