長谷川博己の前にも…沢尻「知られざる被害者の会」リスト

公開日: 更新日:

「沢尻が若いころの“被害者”として知られるのは今は同じ事務所に所属する紗栄子ですよ。複数の若いタレントが出演する番組で共演したが、同じ男性タレントを取り合ったことで沢尻がプッツン。ほかの出演者を囲い込んで紗栄子を仲間外れにしたそうです」

 沢尻容疑者の前所属事務所で一緒だった山田孝之(36)も被害者のひとりだという。

「06年にTBS系ドラマ『タイヨウのうた』で共演しましたが、山田は当時隠し子を認知したことが報じられたシビアな時期だった。にもかかわらず沢尻は『認知君、がんばって』と笑顔で励まし、山田は苦虫を噛み潰したような顔でした」(TBS関係者)

 沢尻容疑者史上最大の“事件”といえば、07年9月の主演映画「クローズド・ノート」の舞台あいさつ。MCの質問に対して「別に……」と仏頂面。後に謝罪に追い込まれたが、この時は「共演した事務所の先輩・竹内結子がメンツを潰されカンカン。いまだに共演NGです」(映画関係者)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  4. 4

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  5. 5

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  6. 6

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

  7. 7

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  8. 8

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  9. 9

    宮迫への共演NG宣告は二重バッテン 吉本が本気の封じ込め

  10. 10

    聖火リレーで初の感染例 警官は組織委の刑事罰を問えるか

もっと見る