“最後の無頼派”「高須基仁さんを偲ぶ会」が開かれる

公開日: 更新日:

 11月25日、都内のホテルで「高須基仁さんを偲ぶ会」が催された。

 同会には、ぴあ創業者の矢内廣氏、評論家の佐高信氏、格闘家の前田日明氏、新宿ロフトプラスワンの平野悠氏、団鬼六の元妻で演歌歌手の黒岩安紀子氏はじめテレビ局、新聞社、出版社の幹部や芸能デスク、フリーランスなどのマスコミ業界はもちろんこと、浅草の日本人形店社長など、数々の業界からなんとも濃い友人・知人およそ200人が出席、高須さんのやんちゃぶりを懐かしんだ。

 酒とタバコは手放さなかった出版プロデューサーの高須さん(享年71)は去る9月17日にがんの転移で急逝したが、直前の8月15日には新宿ロフトプラスワンでの終戦記念日イベントに車椅子で出演していた。ロフトプラスワンで終戦記念日にイベントをすることと、熟女クイーンコンテストを年2回開催することにこだわっていた。高須さんは学生時代に丸太を抱えて防衛庁に突撃したそうだが、トラメガもって一人でアメリカ大使館にイラク戦争への抗議にも行ったりしていた。この「反戦・平和」「差別反対」とヘアヌードに代表される「エロ」を人生の柱としていた。車椅子で現地に乗り込む自身の姿も「ハスラー」創業者のラリー・フリントを意識していないはずはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  7. 7

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  8. 8

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

  9. 9

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る