“最後の無頼派”「高須基仁さんを偲ぶ会」が開かれる

公開日: 更新日:

 11月25日、都内のホテルで「高須基仁さんを偲ぶ会」が催された。

 同会には、ぴあ創業者の矢内廣氏、評論家の佐高信氏、格闘家の前田日明氏、新宿ロフトプラスワンの平野悠氏、団鬼六の元妻で演歌歌手の黒岩安紀子氏はじめテレビ局、新聞社、出版社の幹部や芸能デスク、フリーランスなどのマスコミ業界はもちろんこと、浅草の日本人形店社長など、数々の業界からなんとも濃い友人・知人およそ200人が出席、高須さんのやんちゃぶりを懐かしんだ。

 酒とタバコは手放さなかった出版プロデューサーの高須さん(享年71)は去る9月17日にがんの転移で急逝したが、直前の8月15日には新宿ロフトプラスワンでの終戦記念日イベントに車椅子で出演していた。ロフトプラスワンで終戦記念日にイベントをすることと、熟女クイーンコンテストを年2回開催することにこだわっていた。高須さんは学生時代に丸太を抱えて防衛庁に突撃したそうだが、トラメガもって一人でアメリカ大使館にイラク戦争への抗議にも行ったりしていた。この「反戦・平和」「差別反対」とヘアヌードに代表される「エロ」を人生の柱としていた。車椅子で現地に乗り込む自身の姿も「ハスラー」創業者のラリー・フリントを意識していないはずはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  4. 4

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    会見で語られた父親の決意「娘を社長にしたのが間違い」

  10. 10

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

もっと見る