ボンドもびっくり? 伝説の夫婦スパイがCIAに食い込めた訳

公開日: 更新日:

 1980年代初め、カレル・ケヘル(85)と妻ハナ(75)はニューヨークの高級マンションに住んでいた。BMWを乗り回し、映画スターや政治家との派手な交友。ケヘルはチェコスロバキアの出身だったが、反体制派として米国に亡命。そしてCIAの東欧担当の局員となっていた。ところが、後にソ連の二重スパイであることが分かってFBIに逮捕された。

 では、どうやってケヘル夫妻はCIAに食い込んでいったのか?

 実は最近になって自宅でセレブたちを集めスワッピングパーティーを開いていたと、スパイ関係者が暴露している。

 当時の米国のエリートたちの間では乱交パーティーがブームとなっていて、国会議員や軍のトップ、CIA局員までもが毎週末になると夫妻のマンションに集まり、若くて美人だった妻ハナの肉体に群がっていたのだ。妻ハナは、「セクスピオナージ」と呼ばれる性行為によるスパイ活動の訓練を受けていた。そしてスパイ仕込みのセックス技術で乱交をリード。一方、ケヘルは、見物していることが多かったという。これはセクスピオナージの基本で、妻ハナの肉体に溺れさせ、ケヘルはせっせと情報収集をしていたのだ。

 84年、夫妻は逮捕され死刑を言い渡されるが、2年後にスパイ交換でチェコに戻った。現在、夫妻はチェコの田舎で仲むつまじく暮らし、“伝説のスパイ”としてテレビに出演しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る