新井浩文被告 慰謝料支払い和解成立も免れない刑務所入り

公開日: 更新日:

 派遣型マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして強制性交罪に問われ、昨年12月の東京地裁判決で懲役5年の判決を言い渡されていた元俳優の新井浩文被告(41)の控訴審初公判が12日、東京高裁で開かれた。

 新井被告は出廷せず、弁護人が「(被害女性と)民事上の和解が成立した」とし、慰謝料を支払い和解が成立したことを明らかにした。

「弁護人は複数いて、『量刑が不当』『新井被告に(被害者の)抵抗が困難な暴力はなかった』など徹底抗戦の構え。和解したことで多少、量刑は軽減されると思うが、無罪主張と慰謝料の支払いは矛盾しているし、裁判官の心証は悪い。執行猶予付きの判決は厳しいでしょう」(司法担当記者)

 現在は保釈中の新井被告の近況だが……。

「事件時に住んでいた都内の億ションは売却したようで、そのお金を弁護士費用に充てているとみられます。現在は東京を離れており、以前、付き人を務めていた大物女優の計らいで、避暑地として有名な土地に身を寄せているという情報もあります」(スポーツ紙記者)

 判決は11月17日に言い渡される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  3. 3

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  4. 4

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  5. 5

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  8. 8

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  9. 9

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  10. 10

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

もっと見る