広島発の“ストリップ映画”に若い女性が詰めかけている理由

公開日: 更新日:

 新宿・武蔵野館で上映中の映画「彼女は夢で踊る」(時川英之監督)が連日満席の大ヒットとなっている。コロナ禍で「鬼滅の刃」以外は振るわない中、異例といえる。

 物語は広島にある実在の老舗ストリップ劇場「広島第一劇場」をモデルにしたもの。

 バブル崩壊とネット社会の到来により斜陽になったストリップ劇場。オーナーの木下(加藤雅也)は何度も閉館を宣言しながらその都度撤回し、「閉館詐欺」と陰口をたたかれたが、刀折れ矢尽きて、ついに閉館を決意。最終興行のためになじみの踊り子が集まってくる。その中に彼がこの世界に入るきっかけとなったサラという若いストリッパー(岡村いずみ)とソックリなメロディーという謎めいた踊り子がいた……。

 過去と現在、夢と現実が交錯する甘くほろ苦いラブストーリーだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  3. 3

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  6. 6

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る