吉田隆
著者のコラム一覧
吉田隆記者、ジャーナリスト

1984年に写真週刊誌「FRIDAY」の創刊準備メンバーとして専属記者契約を結ぶ。87年の大韓航空機爆破事件では、犯人の金賢姫たちが隠れていたブダペストのアジトを特定、世界的に話題となる。初代「張り込み班チーフ」として、みのもんたや落合博満の不倫現場、市川染五郎(現・松本幸四郎)や石原慎太郎の隠し子、小渕恵三首相のドコモ株疑惑などジャンルを問わずスクープ記者として活躍。

<13>女性とHをするためだけに金持ちになったと公言「ホステスさんは私の財布が目当て」

公開日: 更新日:

 約束は午後1時だったが、午前11時に連絡が来て「今すぐ来ないなら会わない」と言う。野崎幸助さんの朝令暮改は日常的なことで、言ったことをすぐ変えることも珍しくない“困ったちゃん”であった。

 大急ぎでナビに従って自宅に向かうと、純日本風の瓦ぶきの変哲もない2階建ての一軒家に着いた。豪邸でもないし敷地も広くない。塀も半分朽ちかけたような、金持ちとは無縁に感じる自宅だった。

 家の前にはトヨタの白いアリオンが止められており、すでにドン・ファンが1人で運転席に座っていた。

「後を付いてきてください」

 どこに行くとも言わなかった。片側2車線のバイパスを白浜方向に向かい、到着したのはディズニーランドのシンデレラ城のようなバブリーなホテル「川久」。バブル時代後に倒産したが、その後は札幌の会社が運営していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    【競泳】大橋悠依は金メダル、瀬戸大也は予選落ち…男女エースの明暗を分けた指導者の差

  4. 4

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  5. 5

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  6. 6

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  7. 7

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  8. 8

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

  9. 9

    小芝風花vs二階堂ふみ“ラブコメ対決”ともに大苦戦…既視感ありすぎ視聴者ドッチラケ

  10. 10

    競泳200m自由形・松元克央まさかの予選落ち…不発に終わった“公私のスピード”

もっと見る