トリンドル玲奈“隠れグラマー”発覚!「ビックリされる方もいるかな」と本人ニッコリ

公開日: 更新日:

 タレントのトリンドル玲奈が30歳のバースデーを記念して、写真集「あいまい」(講談社)を先月23日発売した。ランジェリーなどセクシーカット満載。「友達もビックリしていた」という魅惑のボディーと撮影の裏側を直撃した。

【写真】この記事の関連写真を見る(12枚)

 写真集に向けた体づくりは?

「“ふわっと触りたくなる体”を目指しました。あまり追い込むことはせず、ランニングよりウオーキング、食事制限よりも好きなものを食べて満足度を高めるようにしたりして、おなかのプニュっとしているところもあまり修正せずに表現しました」

 8年ぶりの写真集で変わったことは?

「年を重ねて自分の着たいものがクリアになり、好きなものを選んでいたらランジェリーが多くなりました。気がついたら露出が増えちゃいました(笑い)。それから、体のラインは変わりましたね。昔は単に細かったけど、今は丸みやメリハリも出て、女性らしい体になりました」

 今回の写真集で“隠れグラマー”だと気づく人も多いのでは?

「今までお見せする機会がなかったのでびっくりされる方もいるかな。完璧な体ではないのですが、それも含めて皆さんが癒やされたり、楽しんでくださればうれしいです」

「“年の差婚”もいいのかな」

 30歳になり結婚願望も芽生えた?

「憧れますね。父はまだ大学生だった24歳で結婚して、今の私の年には子供がいたので、父と比べるとスローペースですね。でも、母は32歳で結婚しているので、そのくらいまでにはと言っているんですが……もし再来年もこのままだったらすみません」

 ご両親のように年下男性もアリ?

「普段は母が圧倒的に強いけど、肝心な決断は父で、父は母が大好きで。そういう両親を見ていると“年の差婚”もいいのかなって思います。32歳までにと言っても具体的なイメージはなくて、私とお相手のタイミングが合えばですね。新たに開拓よりも、身近にいる方とご縁があったらいいなと」

 今後の目標は?

「あまり先のことを考えすぎず、あす、あさっての地道な積み重ねを大事にしていきたいです」

(聞き手=岩渕景子/日刊ゲンダイ)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず