元Jr.橋田康氏も会見で「口淫され1万円渡され…」と…ジャニーズに迫られる性加害への説明責任

公開日: 更新日:

 ジャニーズ事務所の創業者であるジャニー喜多川氏(2019年死去、享年87)の性加害について、カウアン・オカモト氏(27)に続き、元ジャニーズJr.の橋田康氏(37)が26日、日本外国特派員協会で会見を行った。

 カウアン氏のときと比べると特派員の参加数は減ったが、対照的に日本のメディアが大挙して押し寄せ、記者席は満席。海外からの指摘で話題になった本件だが、外圧に弱く、自浄作用の働かない日本メディアの悪しき状況も浮き彫りになった。

 橋田氏は1998年に、ヒロミ(58)と滝沢秀明(41)がMCを務める「8時だJ」(テレビ朝日系)のオーディションをきっかけにジャニーズJr.に加入。自身の性被害について、加入から1年くらい経った頃、公演先のホテルで「かけていたはずのロックが開き、ジャニーさんが入ってきて、口淫されました。自分の体に何が起こったのかわからず、涙が止まらなくなりました。ジャニーさんから1万円を渡され、『自分の価値は1万円なんだ』と感じました」と詳細を語った。

 少年時代に受けた恐怖と心の傷、告発したことで色眼鏡で見られるリスクも含め、被害の深刻さは計り知れない。

 ジャニーズ事務所の藤島ジュリー社長(56)が性加害があったことを「知らなかった」としたコメントについては、「信じません。内部でも噂はあったわけですし、目を向けなかったことはあっても、知らなかったことはない」と反論。

 さらに、「同じ被害に遭った人間として、元Jr.のみなさんからのお話を聴き、彼らの声を集め、ジャニーズ事務所との懸け橋になれれば」とカウアン氏らと第三者的な立場で相談窓口を設け、被害者の声をジュリー社長のもとに届けると共に、「児童虐待防止法の改正」を掲げ、エンタメ界の健全化に向けて活動するという。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント