• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

WHOが警告 日本でも「結核」患者続出のなぜ

 いま頃、なぜ? と不思議に思った人も多かったかもしれない。今月に入ってから日本全国で「結核患者」が続出しているのだ。
 21日は、東京都の40代の男性教諭が発病に気づかずに勤務をつづけたため、生徒など15人に感染が広がっていた。

 22日は、滋賀医大に勤める30代の女性看護師が発症していたことが判明。

 さらに、23日は、徳島県の60代の開業医が感染していたことが明らかになった。

 3人に共通するのは、体調を崩し病院で診察を受けたのに「結核」とは診断されず、しばらく放置していたことだ。滋賀医大の看護師は、6月と9月にエックス線検査を受けたのに異常が見つからなかった。徳島の開業医も、今月上旬の結核検査では「陰性」だったという。

 23日にはWHO(世界保健機関)が「治療法がない結核感染が拡大している」と警告を発したばかり。日本も危ない状況になっているのか。新渡戸文化短大学長の中原英臣氏(医学博士)に聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る