WHOが警告 日本でも「結核」患者続出のなぜ

公開日:  更新日:

 いま頃、なぜ? と不思議に思った人も多かったかもしれない。今月に入ってから日本全国で「結核患者」が続出しているのだ。
 21日は、東京都の40代の男性教諭が発病に気づかずに勤務をつづけたため、生徒など15人に感染が広がっていた。

 22日は、滋賀医大に勤める30代の女性看護師が発症していたことが判明。

 さらに、23日は、徳島県の60代の開業医が感染していたことが明らかになった。

 3人に共通するのは、体調を崩し病院で診察を受けたのに「結核」とは診断されず、しばらく放置していたことだ。滋賀医大の看護師は、6月と9月にエックス線検査を受けたのに異常が見つからなかった。徳島の開業医も、今月上旬の結核検査では「陰性」だったという。

 23日にはWHO(世界保健機関)が「治療法がない結核感染が拡大している」と警告を発したばかり。日本も危ない状況になっているのか。新渡戸文化短大学長の中原英臣氏(医学博士)に聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

もっと見る