WHOが警告 日本でも「結核」患者続出のなぜ

公開日: 更新日:

 いま頃、なぜ? と不思議に思った人も多かったかもしれない。今月に入ってから日本全国で「結核患者」が続出しているのだ。
 21日は、東京都の40代の男性教諭が発病に気づかずに勤務をつづけたため、生徒など15人に感染が広がっていた。

 22日は、滋賀医大に勤める30代の女性看護師が発症していたことが判明。

 さらに、23日は、徳島県の60代の開業医が感染していたことが明らかになった。

 3人に共通するのは、体調を崩し病院で診察を受けたのに「結核」とは診断されず、しばらく放置していたことだ。滋賀医大の看護師は、6月と9月にエックス線検査を受けたのに異常が見つからなかった。徳島の開業医も、今月上旬の結核検査では「陰性」だったという。

 23日にはWHO(世界保健機関)が「治療法がない結核感染が拡大している」と警告を発したばかり。日本も危ない状況になっているのか。新渡戸文化短大学長の中原英臣氏(医学博士)に聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  5. 5

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  6. 6

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  9. 9

    五輪マラ史上最悪 元陸連幹部が憤怒の北大構内“21”の危険

  10. 10

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

もっと見る