正月休みは9連休! 旅行作家が勧める国内・海外「歴史の旅」

公開日: 更新日:

 今年は12月28日が土曜日で、年明け5日が日曜日だから、正月休みが9連休になる人が少なくない。そんなまとまった休みに、帰省と旅行をセットで計画するのが話題になっている。世界を旅した旅行作家の下川裕治氏におすすめのプランを聞いた。

 成田から飛行機で3時間ほどの上海は、グルメや買い物に人気だが、今や日本国内にもない、古い日本の街並みが見つかる。

「たとえば、李香蘭が収容されていた興業坊や、関東軍とともにアヘン取引組織を作った里見甫が住んでいたピアスアパートなどが、当時の姿そのまま残っています。面白いのは、昭和21年に解散した横浜正金銀行だったビルが現在の中国工商銀行として使われているように、銀行は銀行、郵便局は郵便局として使われていること。戦前から終戦までの日本を教えてくれる建物が軒を連ねているので、歴史散策にうってつけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

  3. 3

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  4. 4

    インド株の市中感染を初確認!7月に全国蔓延で五輪は絶望

  5. 5

    小池知事「五輪中止」のタイミング…重なる4年前の都議選

  6. 6

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  7. 7

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  8. 8

    五輪選手らを選手村と会場に“閉じ込める”政府案の浅はかさ

  9. 9

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  10. 10

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

もっと見る