正月休みは9連休! 旅行作家が勧める国内・海外「歴史の旅」

公開日: 更新日:

 今年は12月28日が土曜日で、年明け5日が日曜日だから、正月休みが9連休になる人が少なくない。そんなまとまった休みに、帰省と旅行をセットで計画するのが話題になっている。世界を旅した旅行作家の下川裕治氏におすすめのプランを聞いた。

 成田から飛行機で3時間ほどの上海は、グルメや買い物に人気だが、今や日本国内にもない、古い日本の街並みが見つかる。

「たとえば、李香蘭が収容されていた興業坊や、関東軍とともにアヘン取引組織を作った里見甫が住んでいたピアスアパートなどが、当時の姿そのまま残っています。面白いのは、昭和21年に解散した横浜正金銀行だったビルが現在の中国工商銀行として使われているように、銀行は銀行、郵便局は郵便局として使われていること。戦前から終戦までの日本を教えてくれる建物が軒を連ねているので、歴史散策にうってつけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  9. 9

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る