• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

正月休みは9連休! 旅行作家が勧める国内・海外「歴史の旅」

 今年は12月28日が土曜日で、年明け5日が日曜日だから、正月休みが9連休になる人が少なくない。そんなまとまった休みに、帰省と旅行をセットで計画するのが話題になっている。世界を旅した旅行作家の下川裕治氏におすすめのプランを聞いた。

 成田から飛行機で3時間ほどの上海は、グルメや買い物に人気だが、今や日本国内にもない、古い日本の街並みが見つかる。

「たとえば、李香蘭が収容されていた興業坊や、関東軍とともにアヘン取引組織を作った里見甫が住んでいたピアスアパートなどが、当時の姿そのまま残っています。面白いのは、昭和21年に解散した横浜正金銀行だったビルが現在の中国工商銀行として使われているように、銀行は銀行、郵便局は郵便局として使われていること。戦前から終戦までの日本を教えてくれる建物が軒を連ねているので、歴史散策にうってつけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る