正月休みは9連休! 旅行作家が勧める国内・海外「歴史の旅」

公開日:  更新日:

 今年は12月28日が土曜日で、年明け5日が日曜日だから、正月休みが9連休になる人が少なくない。そんなまとまった休みに、帰省と旅行をセットで計画するのが話題になっている。世界を旅した旅行作家の下川裕治氏におすすめのプランを聞いた。

 成田から飛行機で3時間ほどの上海は、グルメや買い物に人気だが、今や日本国内にもない、古い日本の街並みが見つかる。

「たとえば、李香蘭が収容されていた興業坊や、関東軍とともにアヘン取引組織を作った里見甫が住んでいたピアスアパートなどが、当時の姿そのまま残っています。面白いのは、昭和21年に解散した横浜正金銀行だったビルが現在の中国工商銀行として使われているように、銀行は銀行、郵便局は郵便局として使われていること。戦前から終戦までの日本を教えてくれる建物が軒を連ねているので、歴史散策にうってつけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る