年末年始の9連休 帰省せずに老親を呼び寄せれば“一挙両得”

公開日:  更新日:

 今年の年末年始は9連休という人も多いはず。やれ海外だ、温泉旅行だと浮かれる小金持ちはいいが、そういう人ばかりではあるまい。
 故郷に残した年老いた両親に子供を見せたいが、里帰り費用はバカにならず、帰れない人がほとんどではないか。

 それならいっそのこと、故郷から親を呼び寄せてはどうか。
 神奈川県横浜市に住む証券マンのAさん(52)は毎年正月、家族4人で、母(80)がひとりで住む故郷(鹿児島県姶良市)に帰ることが恒例行事だ。

 羽田―鹿児島間の安い飛行機チケットを探し、2人の子どもはその半額である。
 飛行場からレンタカーを借り、実家の近所に配る手土産代なども加えると、4泊5日の滞在で軽く30万円は消える。ほぼ1カ月分の生活費だ。給与は上がらないし、子ども2人の塾代など教育費の負担も少なくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    電動車いすで店に入れず…理髪師から広がった思いやりの輪

もっと見る