年末年始の9連休 帰省せずに老親を呼び寄せれば“一挙両得”

公開日:  更新日:

 今年の年末年始は9連休という人も多いはず。やれ海外だ、温泉旅行だと浮かれる小金持ちはいいが、そういう人ばかりではあるまい。
 故郷に残した年老いた両親に子供を見せたいが、里帰り費用はバカにならず、帰れない人がほとんどではないか。

 それならいっそのこと、故郷から親を呼び寄せてはどうか。
 神奈川県横浜市に住む証券マンのAさん(52)は毎年正月、家族4人で、母(80)がひとりで住む故郷(鹿児島県姶良市)に帰ることが恒例行事だ。

 羽田―鹿児島間の安い飛行機チケットを探し、2人の子どもはその半額である。
 飛行場からレンタカーを借り、実家の近所に配る手土産代なども加えると、4泊5日の滞在で軽く30万円は消える。ほぼ1カ月分の生活費だ。給与は上がらないし、子ども2人の塾代など教育費の負担も少なくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る