年末年始の9連休 帰省せずに老親を呼び寄せれば“一挙両得”

公開日: 更新日:

 今年の年末年始は9連休という人も多いはず。やれ海外だ、温泉旅行だと浮かれる小金持ちはいいが、そういう人ばかりではあるまい。
 故郷に残した年老いた両親に子供を見せたいが、里帰り費用はバカにならず、帰れない人がほとんどではないか。

 それならいっそのこと、故郷から親を呼び寄せてはどうか。
 神奈川県横浜市に住む証券マンのAさん(52)は毎年正月、家族4人で、母(80)がひとりで住む故郷(鹿児島県姶良市)に帰ることが恒例行事だ。

 羽田―鹿児島間の安い飛行機チケットを探し、2人の子どもはその半額である。
 飛行場からレンタカーを借り、実家の近所に配る手土産代なども加えると、4泊5日の滞在で軽く30万円は消える。ほぼ1カ月分の生活費だ。給与は上がらないし、子ども2人の塾代など教育費の負担も少なくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  5. 5

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  6. 6

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  7. 7

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

もっと見る