女性が急増中…年配者を犯罪に追い込む「4つの条件」

公開日:  更新日:

「近所の奥さんが万引したと聞いてびっくり。お金に困っている様子はなかったのに……」――。 定年を迎えたばかりの沢田賢治さん(仮名、65歳)が言う。聞けば、そのご婦人は夫に先立たれ、娘夫婦とは別居の70代後半。長い間一人暮らしだったそう。近頃、そんな高齢者が増えている。

■20年で女性高齢者の検挙割合は約5倍

 法務省から発表された「犯罪白書 平成25年版」によると、刑法犯の検挙人員は、平成17年をピークに全体では減少傾向ではあるものの、60歳以上の構成比は平成5年の約6%から平成24年の23.8%と年々増え続けている。特に目立つのが女性検挙者の高齢化だ。65歳以上の検挙者の中で女性の割合は平成5年の5.7%から平成24年の27.3%と、20年間で約5倍。今や刑法犯では高齢者の検挙者の3人に1人が女性なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る