日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女性が急増中…年配者を犯罪に追い込む「4つの条件」

「近所の奥さんが万引したと聞いてびっくり。お金に困っている様子はなかったのに……」――。 定年を迎えたばかりの沢田賢治さん(仮名、65歳)が言う。聞けば、そのご婦人は夫に先立たれ、娘夫婦とは別居の70代後半。長い間一人暮らしだったそう。近頃、そんな高齢者が増えている。

■20年で女性高齢者の検挙割合は約5倍

 法務省から発表された「犯罪白書 平成25年版」によると、刑法犯の検挙人員は、平成17年をピークに全体では減少傾向ではあるものの、60歳以上の構成比は平成5年の約6%から平成24年の23.8%と年々増え続けている。特に目立つのが女性検挙者の高齢化だ。65歳以上の検挙者の中で女性の割合は平成5年の5.7%から平成24年の27.3%と、20年間で約5倍。今や刑法犯では高齢者の検挙者の3人に1人が女性なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事