相談急増「海外リゾート会員権」 日本人はこうしてカモになる

公開日:  更新日:

 老後は海外のリゾート施設でリッチなバケーションでも……景気が良くなって資産が増えれば、誰でもそう考える。が、海外では契約をめぐるトラブルが相次ぎ、国民生活センターが注意を呼びかけている。えっ、年末年始の海外旅行で熱心に勧誘された? 日本人はいいカモらしい。

■景気が良くなったと浮かれていると…

 トラブルが続出しているのは、「タイムシェア」会員権。海外のリゾート施設の権利を一部保有し、年に1週間だけ利用できるといったもの。
 ところが、条件をよく理解しないまま契約してトラブルになる日本人の事例が増えている。

 同センターへの相談は08年度から年々増加傾向だったが、昨年度は顕著で11月5日までで73件、前年同期の49件を大きく上回る。
「海外旅行ではついつい気が緩み、斡旋相手の勧誘も巧みなことから、現地の言葉をたいして話せないのに、ついつい契約書にサインしてしまうようです」(国民生活センター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る