相談急増「海外リゾート会員権」 日本人はこうしてカモになる

公開日: 更新日:

 老後は海外のリゾート施設でリッチなバケーションでも……景気が良くなって資産が増えれば、誰でもそう考える。が、海外では契約をめぐるトラブルが相次ぎ、国民生活センターが注意を呼びかけている。えっ、年末年始の海外旅行で熱心に勧誘された? 日本人はいいカモらしい。

■景気が良くなったと浮かれていると…

 トラブルが続出しているのは、「タイムシェア」会員権。海外のリゾート施設の権利を一部保有し、年に1週間だけ利用できるといったもの。
 ところが、条件をよく理解しないまま契約してトラブルになる日本人の事例が増えている。

 同センターへの相談は08年度から年々増加傾向だったが、昨年度は顕著で11月5日までで73件、前年同期の49件を大きく上回る。
「海外旅行ではついつい気が緩み、斡旋相手の勧誘も巧みなことから、現地の言葉をたいして話せないのに、ついつい契約書にサインしてしまうようです」(国民生活センター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る