それでもオレオレ詐欺に引っかかってしまう老人の“共通項”

公開日: 更新日:

 警察庁によると、今年1~10月のオレオレ(振り込め)詐欺などの被害額が383億円となり、過去最悪のペースで増えていることがわかった。09年に警察や銀行などの啓蒙活動が実り、被害額は100億円を切るまでに減ったが、それでも引っかかる人は後を絶たないどころか、増えているのだ。

 もちろん、誰が何と言おうと悪いのはだました側にあるが、我々にも犯罪を見抜く学習が必要。一体どんな人がだまされているのか。その特徴は何か。

 予想通りだが、被害者は、60歳以上の高齢女性だけで76%を占める(記事末尾)。言い方は悪いが、この人たちがいなければ、ワルの詐欺集団は商売あがったりだ。

 もっとも、同じ高齢女性でも、詐欺被害に遭う人には細部の特徴がある。
 田舎のおばあちゃんがだまされている印象があるが、地方に住んでいるなら少し安心していい。被害者の約8割が東京・神奈川・埼玉・千葉の首都圏に集中しているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  5. 5

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  8. 8

    玉川徹だけじゃない コロナ報道で“的を得ている”2人の名前

  9. 9

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る