クルマ並みの金額も…知っておきたい自転車事故「損害賠償」

公開日: 更新日:

 イタリアやフランス、アメリカなどのレースタイプの自転車を街でよく見かけるようになった。自転車ブームが定着し、通勤に使う人も少なくない。妻や子供がママチャリを使っている家庭も多いだろう。

 身近に自転車がある人にとって注目の判決が出た。東京地裁は、3年前に自転車で女性(当時75)をはねて死亡させた男性会社員(46)に4746万円の支払いを命じたのだ。弁護士の広瀬めぐみ氏が言う。

「自転車で歩行者を死傷させた人に高額の賠償を命じる判決が相次いでいます。自転車事故でも、自動車事故並みの損害賠償を覚悟すべきです」

■子どもが人をはねたら親の責任

 今回のケースは、女性は青信号で横断歩道を渡っていて、自転車で右側から交差点に進入した信号は赤だった。はねられた女性は頭を強打して病院に搬送され、5日後に死亡したという。裁判では事故と死亡との因果関係が争われたが、三木素子裁判長は「女性は、会社員の信号無視による事故で死亡した」と認定した。歩行者に落ち度はなく当然の判決だが、たとえ落ち度があっても、歩行者の過失を軽くし、自転車側の過失をより重く見る傾向は強い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  4. 4

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    「バイキング」の“誤報”で叩かれるべきはMC坂上忍なのか

  7. 7

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  10. 10

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

もっと見る