食通のヨネスケも太鼓判 卸直営「鳥藤分店」のあっさりした親子丼

公開日: 更新日:

品質も鮮度もバツグン!

「突撃!隣の晩ごはん」をはじめ、数々の番組でグルメリポーターを務めてきた、落語家のヨネスケ(66)。全国のうまいものを食べ歩いてきて、築地に行くたびに必ず立ち寄る店がある。「鳥めし 鳥藤分店」は明治40年創業の鶏肉の卸「鳥藤」が直営する鳥料理の専門店。築地場外市場の細い路地の一角にあり、食事どきにはいつも満席状態のにぎわいだ。

 最大の魅力は何といっても、卸ならではの素材の新鮮さにある。

「鶏肉は鮮度が命! ウチは大山鶏をはじめとする全国各地の銘柄鶏を毎日産直で仕入れています。肉はその日の朝にさばいたばかりだから、新鮮そのもの! フレッシュだからこそ実感できる鶏本来のうまさをぜひ楽しんでいただきたいですね」(スタッフ)

 チキンカツ丼や焼き鳥丼などメニューはいろいろあるが、常連たちを引きつけてやまないのが人気メニューの親子丼。普通の親子丼は醤油やみりんで味付けするのが一般的だが、ヨネスケのイチオシはあえて醤油は使わずに塩であっさりと仕上げた「親子丼(しお)」(800円)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  9. 9

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  10. 10

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

もっと見る