食通のヨネスケも太鼓判 卸直営「鳥藤分店」のあっさりした親子丼

公開日:  更新日:

品質も鮮度もバツグン!

「突撃!隣の晩ごはん」をはじめ、数々の番組でグルメリポーターを務めてきた、落語家のヨネスケ(66)。全国のうまいものを食べ歩いてきて、築地に行くたびに必ず立ち寄る店がある。「鳥めし 鳥藤分店」は明治40年創業の鶏肉の卸「鳥藤」が直営する鳥料理の専門店。築地場外市場の細い路地の一角にあり、食事どきにはいつも満席状態のにぎわいだ。

 最大の魅力は何といっても、卸ならではの素材の新鮮さにある。

「鶏肉は鮮度が命! ウチは大山鶏をはじめとする全国各地の銘柄鶏を毎日産直で仕入れています。肉はその日の朝にさばいたばかりだから、新鮮そのもの! フレッシュだからこそ実感できる鶏本来のうまさをぜひ楽しんでいただきたいですね」(スタッフ)

 チキンカツ丼や焼き鳥丼などメニューはいろいろあるが、常連たちを引きつけてやまないのが人気メニューの親子丼。普通の親子丼は醤油やみりんで味付けするのが一般的だが、ヨネスケのイチオシはあえて醤油は使わずに塩であっさりと仕上げた「親子丼(しお)」(800円)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  10. 10

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

もっと見る