IMALUがくつろぐ地元の居酒屋

公開日:  更新日:

新鮮な魚介と大山地鶏が味わえる「はたけん家 とかちまる」

 東京・世田谷育ちのIMALU(24)が通うのは、地元のお気に入りの店「はたけん家 とかちまる」。場所は三軒茶屋駅から7~8分ほど歩いた玉川通り沿い。駅前の喧騒から離れ、風情ある空間でゆったりとくつろげる、隠れ家的な居酒屋だ。

 最大の魅力は北海道や鳥取など各地から良質な素材を取り寄せ、その持ち味を最大限に生かし切る店主の手料理。

「魚介は北海道直送の素材が中心で、鶏は大山地鶏を産地から丸のまま仕入れ、お店でさばいています。野菜も国産にこだわって、鮮度のいい旬のモノを厳選。魚介系から肉料理まで、お酒に合う創作料理をいろいろとご用意しています」

■バーナーで豪快に炙る!「炙り〆サバ」が名物

 中でも不動の人気を誇るのが、IMALUもよくオーダーするという「炙(あぶ)り〆(しめ)サバ」(980円)。毎日、築地から仕入れる新鮮なサバを店でさばいて浅めにしめ、バーナーを使って客の目の前で炙るという、豪快なメニューだ。炙った表面はなんとも香ばしく、鮮度がいいだけに風味も豊か。あっさりしているが、それでいて脂がよくのっていて、食べるほどに素材のウマさを実感できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る