IMALUがくつろぐ地元の居酒屋

公開日:  更新日:

新鮮な魚介と大山地鶏が味わえる「はたけん家 とかちまる」

 東京・世田谷育ちのIMALU(24)が通うのは、地元のお気に入りの店「はたけん家 とかちまる」。場所は三軒茶屋駅から7~8分ほど歩いた玉川通り沿い。駅前の喧騒から離れ、風情ある空間でゆったりとくつろげる、隠れ家的な居酒屋だ。

 最大の魅力は北海道や鳥取など各地から良質な素材を取り寄せ、その持ち味を最大限に生かし切る店主の手料理。

「魚介は北海道直送の素材が中心で、鶏は大山地鶏を産地から丸のまま仕入れ、お店でさばいています。野菜も国産にこだわって、鮮度のいい旬のモノを厳選。魚介系から肉料理まで、お酒に合う創作料理をいろいろとご用意しています」

■バーナーで豪快に炙る!「炙り〆サバ」が名物

 中でも不動の人気を誇るのが、IMALUもよくオーダーするという「炙(あぶ)り〆(しめ)サバ」(980円)。毎日、築地から仕入れる新鮮なサバを店でさばいて浅めにしめ、バーナーを使って客の目の前で炙るという、豪快なメニューだ。炙った表面はなんとも香ばしく、鮮度がいいだけに風味も豊か。あっさりしているが、それでいて脂がよくのっていて、食べるほどに素材のウマさを実感できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る