• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

IMALUがくつろぐ地元の居酒屋

新鮮な魚介と大山地鶏が味わえる「はたけん家 とかちまる」

 東京・世田谷育ちのIMALU(24)が通うのは、地元のお気に入りの店「はたけん家 とかちまる」。場所は三軒茶屋駅から7~8分ほど歩いた玉川通り沿い。駅前の喧騒から離れ、風情ある空間でゆったりとくつろげる、隠れ家的な居酒屋だ。

 最大の魅力は北海道や鳥取など各地から良質な素材を取り寄せ、その持ち味を最大限に生かし切る店主の手料理。

「魚介は北海道直送の素材が中心で、鶏は大山地鶏を産地から丸のまま仕入れ、お店でさばいています。野菜も国産にこだわって、鮮度のいい旬のモノを厳選。魚介系から肉料理まで、お酒に合う創作料理をいろいろとご用意しています」

■バーナーで豪快に炙る!「炙り〆サバ」が名物

 中でも不動の人気を誇るのが、IMALUもよくオーダーするという「炙(あぶ)り〆(しめ)サバ」(980円)。毎日、築地から仕入れる新鮮なサバを店でさばいて浅めにしめ、バーナーを使って客の目の前で炙るという、豪快なメニューだ。炙った表面はなんとも香ばしく、鮮度がいいだけに風味も豊か。あっさりしているが、それでいて脂がよくのっていて、食べるほどに素材のウマさを実感できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る