サラリーマンが堂々と夏休みを取るための「アノ手コノ手」

公開日: 更新日:

 夏休みはサラリーマンの当然の権利なのに、「取りにくい」と感じている人が多いことが分かった。ホテル予約サイト「ホテルズドットコム」が20~50代の会社員200人に調査したところ、「『夏休みが取りにくい』と思ったことがある」と答えた男性は38%に上った。猛暑の中を働いている上司や同僚を尻目にバケーションを楽しむのは気が引けるというわけだ。

「そんな人は夏休みの前に根回しをしてください」とは、人事コンサルタントの菅野宏三氏だ。

「飲み会などで“夏休みは何をする?”と切り出し、上司や同僚の話を聞きながら、自分がどこに旅行したがっているかを告げるのです。これで旅行が公認になるし、上司も“旅行どうだった?”と笑って聞いてくれる。それでも気がとがめる人は“初日は他社の商品展示会を偵察に行く”などと休み中も仕事をする旨を伝えるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  3. 3

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  4. 4

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  5. 5

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  6. 6

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  7. 7

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  8. 8

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

  9. 9

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

  10. 10

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

もっと見る