組織作りのプロ断言 次世代トップは社内の“不満分子”にいる

公開日: 更新日:

 傍流を歩んだ人物の社長就任が相次いでいる。東芝の本流は電力畑だが、現トップの田中久雄社長(63)は資材調達部門の出身。三菱重工業の宮永俊一社長(66)は、同社40年ぶりの事務系社長だ。リーダーとなる人物像が大きく様変わりしている。

 三菱商事のトップは、ニューヨーク勤務と企画部門を経験するのが常。しかし、現職の小林健社長(65)はその2つの経験がない。海外赴任先もシンガポールなどのアジア中心。船舶部門の仕事が長かった。

 だが、彼には伝説のエピソードがある。80年代の海運不況の時、取引先の海運会社が次々倒産。売るはずだった船12隻が在庫になった。責任追及される中、彼は売れ残った船で船会社をつくってしまう。今でいう企業内ベンチャーのはしりだ。

「会社が危機の際は、このような人物が求められます」と言うのは、「ヒューマンロジック研究所」の古野俊幸代表だ。同社は、キヤノン、京セラ、ソニー、日産などに組織づくりのノウハウを提案している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  8. 8

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

もっと見る