組織作りのプロ断言 次世代トップは社内の“不満分子”にいる

公開日: 更新日:

 傍流を歩んだ人物の社長就任が相次いでいる。東芝の本流は電力畑だが、現トップの田中久雄社長(63)は資材調達部門の出身。三菱重工業の宮永俊一社長(66)は、同社40年ぶりの事務系社長だ。リーダーとなる人物像が大きく様変わりしている。

 三菱商事のトップは、ニューヨーク勤務と企画部門を経験するのが常。しかし、現職の小林健社長(65)はその2つの経験がない。海外赴任先もシンガポールなどのアジア中心。船舶部門の仕事が長かった。

 だが、彼には伝説のエピソードがある。80年代の海運不況の時、取引先の海運会社が次々倒産。売るはずだった船12隻が在庫になった。責任追及される中、彼は売れ残った船で船会社をつくってしまう。今でいう企業内ベンチャーのはしりだ。

「会社が危機の際は、このような人物が求められます」と言うのは、「ヒューマンロジック研究所」の古野俊幸代表だ。同社は、キヤノン、京セラ、ソニー、日産などに組織づくりのノウハウを提案している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る