インク、筆圧、バランス…「領収書不正」見破るプロの“眼力”

公開日:  更新日:

“号泣県議”こと元兵庫県議の野々村竜太郎氏(48)が、切手代として請求した2270円の領収書の万の位に「2」を書き加え、「2万2270円」にしていた疑いが浮上している。領収書の改ざんは、私文書偽造罪、それを議会に提出すれば同行使、金銭を得れば詐欺罪が適用される。

 今年4月の税制改正で「接待飲食費」の適用が緩和された。これまでも中小企業(資本金1億円以下)には一定額の優遇措置があったが、大企業についても接待飲食費の50%が損金(経費)として認められるようになった。この影響もあり、繁華街に少し活気が戻ってきたように思えるが、今回の法改正でも社員同士の飲食費は適用対象外。コレを取引先を接待したとして領収書を出せば、もちろんアウトだ。ズバリ、国税調査官が目をつける領収書は何か?

「税務調査の際、調査官は何千、何万という領収書をパラパラめくっているわけではありません。対象者の趣味や嗜好を頭の中にインプットし、怪しい領収書をピックアップしているのです」(英和税理士法人/コンサルティング・アルファの税理士)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る