インク、筆圧、バランス…「領収書不正」見破るプロの“眼力”

公開日: 更新日:

“号泣県議”こと元兵庫県議の野々村竜太郎氏(48)が、切手代として請求した2270円の領収書の万の位に「2」を書き加え、「2万2270円」にしていた疑いが浮上している。領収書の改ざんは、私文書偽造罪、それを議会に提出すれば同行使、金銭を得れば詐欺罪が適用される。

 今年4月の税制改正で「接待飲食費」の適用が緩和された。これまでも中小企業(資本金1億円以下)には一定額の優遇措置があったが、大企業についても接待飲食費の50%が損金(経費)として認められるようになった。この影響もあり、繁華街に少し活気が戻ってきたように思えるが、今回の法改正でも社員同士の飲食費は適用対象外。コレを取引先を接待したとして領収書を出せば、もちろんアウトだ。ズバリ、国税調査官が目をつける領収書は何か?

「税務調査の際、調査官は何千、何万という領収書をパラパラめくっているわけではありません。対象者の趣味や嗜好を頭の中にインプットし、怪しい領収書をピックアップしているのです」(英和税理士法人/コンサルティング・アルファの税理士)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  4. 4

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  9. 9

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  10. 10

    大船渡・佐々木朗希に“逆指名”させようともくろむ球団が

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る