過労激増 残業代ゼロ法案よりタチ悪い裁量労働制の見直し

公開日:  更新日:

 残業代ゼロ法案の来年4月の施行に向け、厚労省は13日の労働政策審議会の分科会で、労基法改正の報告書を取りまとめた。年収1075万円以上の専門職が対象になる「高度プロフェッショナル制度」ばかりが注目されているが、報告書には「裁量労働制」の見直しも盛り込まれている。

 むしろこっちの方がタチが悪い。過労で倒れるサラリーマンが激増しそうなのだ。

「裁量労働制とは、1日9時間なら9時間と労使であらかじめ定めた時間働いたものとみなされる制度のことで、それ以上働いても残業代は出ません。ただ、これまでは対象が企画や調査、研究部門など、労働者の裁量に委ねる必要がある業務に限られていた。それが今回の改悪で営業職にまで広がります。手続きが面倒などの理由で導入企業は1%に満たなかったのですが、経団連の求めに応じてそれも簡素化される」(厚労省関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る