過労激増 残業代ゼロ法案よりタチ悪い裁量労働制の見直し

公開日:  更新日:

 残業代ゼロ法案の来年4月の施行に向け、厚労省は13日の労働政策審議会の分科会で、労基法改正の報告書を取りまとめた。年収1075万円以上の専門職が対象になる「高度プロフェッショナル制度」ばかりが注目されているが、報告書には「裁量労働制」の見直しも盛り込まれている。

 むしろこっちの方がタチが悪い。過労で倒れるサラリーマンが激増しそうなのだ。

「裁量労働制とは、1日9時間なら9時間と労使であらかじめ定めた時間働いたものとみなされる制度のことで、それ以上働いても残業代は出ません。ただ、これまでは対象が企画や調査、研究部門など、労働者の裁量に委ねる必要がある業務に限られていた。それが今回の改悪で営業職にまで広がります。手続きが面倒などの理由で導入企業は1%に満たなかったのですが、経団連の求めに応じてそれも簡素化される」(厚労省関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    日清食品が駅伝撤退の波紋 錦織&大坂との巨額契約も負担か

もっと見る