過労激増 残業代ゼロ法案よりタチ悪い裁量労働制の見直し

公開日: 更新日:

 残業代ゼロ法案の来年4月の施行に向け、厚労省は13日の労働政策審議会の分科会で、労基法改正の報告書を取りまとめた。年収1075万円以上の専門職が対象になる「高度プロフェッショナル制度」ばかりが注目されているが、報告書には「裁量労働制」の見直しも盛り込まれている。

 むしろこっちの方がタチが悪い。過労で倒れるサラリーマンが激増しそうなのだ。

「裁量労働制とは、1日9時間なら9時間と労使であらかじめ定めた時間働いたものとみなされる制度のことで、それ以上働いても残業代は出ません。ただ、これまでは対象が企画や調査、研究部門など、労働者の裁量に委ねる必要がある業務に限られていた。それが今回の改悪で営業職にまで広がります。手続きが面倒などの理由で導入企業は1%に満たなかったのですが、経団連の求めに応じてそれも簡素化される」(厚労省関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  7. 7

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  8. 8

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  9. 9

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  10. 10

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

もっと見る