5月の異例接近…この夏「台風ラッシュ」が列島襲う危ない兆候

公開日:  更新日:

 最大瞬間風速60メートルといえば、車も吹っ飛ばされる強風だ。そんな暴風とともに沖縄や九州に大雨を降らせた台風6号は今後、本州の南岸を北上。太平洋岸を中心に100~200ミリの大雨が予想される。追いかけるように7号も発生。GWのポカポカ陽気がウソのように、日本列島が水浸しになりそうだ。

 5月半ばに7号が発生するのは、1951年の観測開始以来初めて。74人の犠牲者を出した昨年の広島豪雨を思い出すまでもなく、九州・沖縄、瀬戸内、紀伊半島などは毎年のように台風被害が相次いでいるが、それもシーズン本番・夏以降のこと。

 すでに直撃されたフィリピンでは、最大瞬間風速87メートルの猛烈な強さで3000人超が避難した。「猛烈な強さ」に発達するのは、3月の4号に続く2個目。5月までに2個の「猛烈な強さ」は、観測史上初。発生数も強さも異例だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る