震災から4年1カ月…「大規模噴火の法則」もう安心なのか?

公開日: 更新日:

 世界ではM9クラスの大地震後、4年以内に必ず大噴火が起きる――。東日本大震災から4年1カ月が経ったが、日本はもう安全なのか。

 気象庁は13日、小規模な噴火の恐れがあるとして蔵王山(宮城・山形県境)に火口周辺警報を出した。今月7日以降、火山性地震が急増、危険な状況が続くという。そこで気になるのは冒頭の「4年以内説」だ。1950年以降、M9クラスの地震が起きた後、4年以内に必ず大規模な噴火が起きている(別表参照)。

 1952年のカムチャツカ地震の翌日には、カルピンスキ山が火を噴き、その後も周辺で、複数の火山が噴火。約3年後には1000年近く活動がなかったべズイミアニ火山で大規模噴火が起きている。このときの噴火活動は、約1年5カ月に及んだ。

 また、アリューシャン地震の2日後、ビゼベドフ火山が噴火。この火山も200年ぶりの活動だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る