震災から4年1カ月…「大規模噴火の法則」もう安心なのか?

公開日:  更新日:

 世界ではM9クラスの大地震後、4年以内に必ず大噴火が起きる――。東日本大震災から4年1カ月が経ったが、日本はもう安全なのか。

 気象庁は13日、小規模な噴火の恐れがあるとして蔵王山(宮城・山形県境)に火口周辺警報を出した。今月7日以降、火山性地震が急増、危険な状況が続くという。そこで気になるのは冒頭の「4年以内説」だ。1950年以降、M9クラスの地震が起きた後、4年以内に必ず大規模な噴火が起きている(別表参照)。

 1952年のカムチャツカ地震の翌日には、カルピンスキ山が火を噴き、その後も周辺で、複数の火山が噴火。約3年後には1000年近く活動がなかったべズイミアニ火山で大規模噴火が起きている。このときの噴火活動は、約1年5カ月に及んだ。

 また、アリューシャン地震の2日後、ビゼベドフ火山が噴火。この火山も200年ぶりの活動だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  5. 5

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  6. 6

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  7. 7

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  8. 8

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

  9. 9

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  10. 10

    狡猾な安倍政権、弱体化するメディア…6年弱で国は変貌

もっと見る